貫通式と非貫通式 どっちのオナホールがおすすめ?メリット デメリットをご紹介!

今、日本でよく使われているオナホールは、大きく分けると、貫通式と非貫通式の2つの種類があります。

この2種類あるシリコン製のオナホールについて、それぞれの特徴とメリット・デメリット。

「どっちの方がオススメなのか!?」を解説していきます(*´∀`)♪

 

 

「貫通式のオナホールと、非貫通式のオナホール…どっちを選べばいいのか迷う…」

っていうあなたの参考になれば幸いです。

 

貫通式と非貫通式の違いを分かりやすく解説!

貫通式はこんな形状!


※参考画像:D-HOLE 晶エリーより

その名の通り、穴が貫通しているオナホール!

こんな感じで、チクワみたいな形をしています。

 

非貫通式はこんな形状!


※参考画像:名器の品格・上付きより

非貫通式のオナホールは、こんな感じで、底面があり、コップのような形状。

 

貫通式オナホールのメリット・デメリットとは!?

貫通式のメリット

  • ペニスが大きい人でも(どんなペニスのサイズの人でも)気持よくズリズリと気持よくなれる
  • 構造が簡単なので、比較的、安くで手に入れることができる
  • 亀頭やカリを行き来する快感をより集中的に味わいたい時には向いている
  • 2つのオナホールを組合せて使うことで新鮮な気持ちよさを味わうことができる!

 

貫通している形状をしているので、ペニスをシコシコとするストロークが非貫通式のオナホールに比べると大きく動かすことができます。

また、カリ首のところや亀頭を貫通している輪っかの部分で集中的に責めることができるのも嬉しいメリットの1つです。

 

 

 

貫通式なので、亀頭が露出しますよね?

その露出した亀頭部分を、上の画像のように、別のオナホールに挿入して愛撫するんです。

オススメは、フェラチオ系オナホールとの組合せ。

ペニスの棒の部分はオマンコの中、亀頭は口の中!っていう不思議な快感に酔いしれることができます♪

 

貫通式のデメリット

  • 射精した時に精子を受け止める面がないので、精子の行き場に気を使う必要がある
  • 吸引力、ペニスへまとわり付く感じが非貫通式に比べると弱い

 

デメリットとしては、この2つくらいです。

チクワみたいな形状のため、非貫通式のオナホールみたいに、ホール内に盛大に射精!ということができません。

 

また空気が抜けるのでオナホールがペニスを締め付ける力が出にくいっていうこともあります。

なので、吸引力の快感性能が弱いということもデメリットのひとつです。

ただ、貫通式ならではの快感もあるので、ここは人によって好き嫌いが分かれるところですね(*´ω`*)!

 

非貫通式オナホールのメリット・デメリットとは!?

非貫通式のメリット

  • 空気抜きをすることで、バキューム感(吸引力)が増すので、様々な快感を味わえる!
  • 気にせずに盛大にオナホール内に射精することができる!
  • オマンコに挿入した快感、セックスを気軽に疑似体験できる!
  • 固定して使うことができる!

 

非貫通していることのメリットは、何と言っても空気抜きによる吸引力アップの快感を味わえることです。

空気抜きの方法・コツについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

空気抜きって何!?って方は、↓の記事を参考にしてください♪

オナホールの使い方【非貫通式オナホールの空気抜き】

 

また非貫通なので、ローションや精子の液漏れの心配がないので、エアドールや布団、ソファなどに固定して使うのにも向いています。

オナホールは固定して腰振りで使うことで、本当にセックスしているかのような快楽を味わうことができます。

オナホールを固定して使う!これだけで本当に気持ちよさがアップするのでオススメです。

 

オナホールの固定法については、↓の記事でまとめています。

【保存版】オナホール固定方法全まとめ!セックスの快感を味わうやり方

 

非貫通式のデメリット

  • 使用後のお手入れが、貫通式のものに比べると面倒
  • オナホールを洗う時に、裏返す必要があるため、オナホールが裂けたりして耐久性に不安がある

 

1番のデメリットはやはり、オナホールを洗浄するのが面倒くさいっていうこと。

オナホールを裏返して洗うと楽なんですが、そうするとオナホールが傷んでしまうことがあります。

なので、オナホールをできるだけ長持ちさせたいなら、裏返さずに洗浄することになるんですが、これが面倒くさいんですよね。

 

ボクはオナホールが少々傷んでしまうことを覚悟して、基本的には裏返して洗うようにしています。

裏返してキレイに洗い、キチンと乾燥させる…

貫通式に比べるとやっぱりちょっとだけ、めんどくさいですね(´ε` )

 

 

で、結局、どっちがオススメなの!?

貫通式、非貫通式のオナホールのそれぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

で、ボク的にはどちらが、おすすめかと言うと…

断然、非貫通式のオナホールです!!(キリッ)

 

理由としては、非貫通式に飽きたら自分でカットすることで貫通式にすることができるし、

非貫通式の場合、空気抜きなどの技を使うことで吸引力が増すなど快感性能が貫通式より上だからです。

非貫通式に飽きたら、自分でカットすることで貫通式のオナホールに改造することができるので、ボク的には非貫通式にのオナホール一択です(*´∀`)♪

 

カットの方法もハサミでチョキンっとやるだけなので超簡単です。

 

オススメの"非貫通式"のオナホールをご紹介!

ということで、今人気の非貫通式のオナホールをご紹介します!

日本国内で最大手のアダルトグッズを販売しているネットショップ「NLS」で売れている非貫通式のオナホールを厳選!

 


まだ名前がありません (NLSオリジナル) レビューまとめ

これはオナホールじゃない!

もはや人工オマンコ!(笑)

 


真実の口 (マジックアイズ) レビューまとめ

フェラチオの快感をお手軽に疑似体験できるオナホール♪

歯まで完全再現されていて、まるでホンモノの口がそこにある錯覚に!

 

 


セブンティーン ボルドー (トイズハート) レビューまとめ

人気の定番オナホール!

オナホール愛好家からの評価が高い定番のオナホールです。

 

 


名器の品格・上付き (N.P.G.) レビューまとめ

このリアル指向のオナホール…見るだけでギンギンに!

ちょっとお値段がお高めな高級オナホールです。

セックスに近い極上のオナホールオナニーをしたい方にオススメ。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。