アダルトグッズメーカーのリンク集

新作オナホールの情報収集用メーカーリンク集

アダルトグッズメーカーのホームページやSNSへのリンク集です。リンクが間違っていたり、アドレス変更や追加情報、リンク切れなどがあれば、教えて頂ければ随時修正させて頂きます。

ホームページはユーザー向けのサイトが作られている場合のみリンクしています。※業者さん向きページしか無い場合は無しとしています。

また、更新が数年前から止まっているようなyoutubeチャンネルや、Twitterアカウントなども、実用性が無いと思いますので見つけてもリンクしておりません。

 アダルトグッズメーカー

 

RIDE(ライド)


Home Twitter Youtube

トイズハート


Home Twitter Twitter Youtube

TENGA


Home Twitter Youtube

A-One(エーワン)


Home Twitter Twitter Youtube

N.P.G.(エヌピージー)

無し

Tamatoys(タマトイズ)


Home Twitter Youtube

マジックアイズ


Home Twitter Twitter Blog

メルシー


Twitter

MATE(メイト)


Twitter

EXE


Twitter

Gプロジェクト


Home Twitter Youtube

PxPxP(ピー・ピー・ピー)


Home Twitter

RENDS(レンズ)


Home Home Twitter Youtube

キテルキテル


Home Twitter

Kiss me Love(キス・ミー・ラブ)


Home

ジャパントイズ


Home Twitter Twitter Youtube

エンジョイトイズ


Home Home Twitter Twitter

SSI JAPAN


Home Twitter Twitter Instagram Blog

maccos Japan


Home Twitter

PEACH TOYS


Home Twitter

トイズサカイ


Home Twitter

リグレジャパン


Home Twitter Youtube

Teppen


Home Twitter

ONDO!(オンド)


Home

FLESHLIGHT


Home Twitter Youtube Instagram

KMP


Home

YELOLAB(イエロラボ)


Home

いけぶくろTOYS


Home

Tokyo Libido


Home Twitter Twitter

AIVROBTA


Twitter Twitter

 

 アダルトグッズ通販サイト

Amazon.co.jp


Home Twitter

アダルトグッズのNLS


Home Twitter Youtube

大人のおもちゃ通販大魔王


Home Twitter Blog

ホットパワーズ


Home Twitter Twitter Twitter Youtube

FANZA


Home Twitter

信長トイズ


Home Twitter Youtube Blog

管理人だよりすでに周知の事実だと思いますが、ア○ゾンのオナホール販売で、ホールの画像が消滅したり、ぼかしが入ったりして何の商品か、どういった形なのかが分からなくなってしまっている製品が続出しています。

確かにオナホールは性器そのものを模写したようなリアルな造型のオナホールもありますので、そういったホールにぼかしを入れたり規制がかかるというのは分かります。しかし、今回の規制を見ていますと、そういったホールのリアルさなどは関係なく、オナホール自体が掲載できないような規制がかかっているようなんです。

困った事に、内部構造を見たくても断面図までも規制対象になっていて消されているホールが多数見受けられます。うーん、断面図はオナホールにとって、どういった構造のホールなのかを知る重要な情報なので、これが見れないというのは非常に困ります。購入するかどうかの判断材料が無くなっていますからね。

しかし、よく見てみるとまだ断面図やホールの画像を掲載しているホールもあります。これは、ただ単に見つかっていないだけなんでしょうか??

そもそも今回の件、ア○ゾンの判断基準も良く分からないんですよね。オナホールなんかより、よっぽど過激でおっぱい丸出しなアダルトDVDなんかは規制がかからず、ぼかしも見られないんですよね。

パッケージを見ると、オナホールに親を殺されたのか?というくらいに、全てが消されてしまっているパッケージなんかもあって、申し訳ないですがちょっと笑ってしまいましたね。けど、販売されているメーカーさんは、これじゃ商売あがったりでしょうし、難しい問題です。

そんな中、全く今回の件でノーダメージで平常運転を続けているメーカーがたった一つあります。それは、みんな大好きTENGAですね。TENGAはエロ要素を排除したデザインで、独自路線を歩んでいるメーカーなので、今回の規制もどこ吹く風といった様子なんです。


エロ要素ゼロでノーダメージのTENGAデザイン

ちょっと思ったのですが、消されているのはオナホールの画像(写真)なので、オナホールや断面図をTENGAのように絵やイラストで掲載したら削除されたりしなくなるんでしょうか?どこまでがだめで、どこまでが良いのかの基準が分からないので、メーカーさんはこれから戦略を立て直さないといけないですね。

と言う事で、前置きが長くなりましたが、ア○ゾンの規制を食らって画像が消されている製品を調べる為の、アダルトグッズメーカーのリンク集を急遽作ってみました。新製品や気になったホールがどういった構造をしているのか分からない場合は、このリンク集からメーカーさんのサイトへ飛んでみてください。

自社ページやSNSで製品情報を発信しているメーカーさんも多いので、ちょっと面倒ですが製品の詳細が分かる場合が多いです。情報収集用に需要があるか分かりませんが、宜しければお使い下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。