名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

この記事はオナホール【名器の品格 BLACK LABEL N.P.G.】に関するAmazon&NSL&onahodougaのレビューを全てチェックしてまとめる記事です。

現在は1,000アイテム以上のオナホが販売されているので、この中から最高の気持ちいいグッズを選ぶのはひと苦労……。 そこで14年間で毎日オナホでオナニーしてきた僕が、最新版の「オナホおすすめランキング」をご紹介!各販売サイトの売上と僕の使用感をもとに厳選した、最強に気持ちいいオナホ・30商品をレビューします。>>【2022年最新版】最強オナホールおすすめランキング ベスト30

目次

> 画像
> NLSのレビュー
> onahodougaのレビュー
> オナホール通販ショップの梱包方法
> 初心者におすすめ、オナホに関する基本知識
> 各種類オナホールのススメ


販売店はこちら

平均価格:8200円前後





画像

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    桐箱に入ったオナホなんて、世界中見回しても“品格”だけです。箱には詳しいリーフレットも同梱されています。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    ハンディ最大級のボディ。片手では扱いにくく、ストローク時は両手持ちが基本となります。 ※数値はNLS実測値

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    挿入口の造型や位置が調整された非貫通式。素材硬度はとても柔らかく、ニオイとベタ付きはけっこう強め…。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    ネットリした粘膜素材を備える2重構造。序盤のタテヒダは挿入を促し、その先のカズノコ天井でやさしく擦ります。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    真ん中あたりを持つと後ろの肉が振り回されて暴れるのが弱点。空気抜きの感触はほぼありませんでした。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ名器の品格・上付き」と比較。外観はほぼ一緒ですが、本作の方が長く、素材の質・色味も違います。">

    初代である「名器の品格・上付き」と比較。外観はほぼ一緒ですが、本作の方が長く、素材の質・色味も違います。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    こうして並べると一目瞭然。“初代”は柔らかくてちょっと潰れてはいるものの、本作の肉厚さが目立ちます。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    控えめな凹凸の膣壁もよく似ていますが、本作は厚みのある粘膜素材です。ネットリとした絡み付きがいい感じ。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    タテヒダと小さなイボのみで構成された、シンプルなテクスチャーが、生態的でリアルな挿入感を再現します。

  • 名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

    底部の厚みがちょっとムダな気もしますが、粘膜素材による無次元の穴は、かなりの快感を呼び起こします。

NLSのレビュー

本物志向の快感を極めた伝説の名器が超進化
トロける肉壺の魔力はドハマり必至の桃源郷

2007年5月に発売されたNPGの「名器の品格・上付き」は、“オナホ史上最大のイノベーション”といわれるほど、業界に強烈なインパクトを与えて大ヒット。今なお伝説(レジェンド)として圧倒的な存在感を放ちながら、安定した販売数をキープしています。

ところが…その後につづく品格タイトルは、2012年、2017年に“女優バージョン”が出たものの、あまり話題にならないまま失速。

ここから生まれた“名器の証明”も、現在までつづく人気シリーズではありますが、最近はファン御用達のような感じで終始しており、新規ユーザーの獲得にはつながっていない印象です。

そんな中、ついにNPGは“原点回帰”として初代に着目。当時と変わらぬ、穴なき穴の無次元加工を踏襲し、軽く広げただけで思わず生唾を飲み込んでしまうような、卑猥極まりない内部構造を完成させました。

初代は穴の位置によって「上付き」と「下付き」にわかれていましたが、本作ではそれらを統合してベストポジションに設定。ボディサイズもひと回り大きくなり、重量は800gを越えています。

素材は“極柔”と謳われているものの、もともと初代はトロットロでしたので、むしろ適度な弾力が加わった印象。肉質は非常に柔らかく、モッチリ&フワフワなのですが、外側から触ると十分なハリを感じます。

一方、快適性に関しては初代と同レベル。たっぷりの油分を含んでいるのでけっこう臭いますし、少し握っただけで手がギットギトになります。

2重構造になった内壁には、これまた初代そっくりのタテヒダ、カズノコ状のイボ地帯、大きなGスポ突起などが並びます。が、どのパーツもかなり控えめなので、竿よりも亀頭で楽しむのがベターでしょう。

ゆえに本作は、イマドキの高刺激系オナホのように、派手な凹凸でペニスを擦り上げながら、半ば強引に射精へと導く性質とはまるで違います。

そう…本作はたっぷりの柔肉でペニスを押し潰すがごとく包み込み、そこに生まれる心地よい掻き分け感を味わいながら、ヒダやツブの繊細かつ輪郭のない摩擦によってジワジワと昂ぶっていくのが大きな魅力。

快感特性の分類上は“まったり系”なんですが、その刺激は驚くほどリアル志向であり、トロけるような肉壺にどっぷりと無限に浸っていられる安寧感を堪能できる、数少ないオナホールかと思います。

NPGが訴求する「名器の品格・上付き」の長所を残したまま、全体的なパフォーマンスを向上させた正統進化版…という内容も、妙に合点がいくもので、少なくとも前述した“女優バージョン”よりは、ずっと市場ニーズに符合しているような気がしました。

まぁ、初代のリニューアルではなく、あくまで追加バージョンとしている点にメーカー心理が透けて見えますが、使い比べて好きな方を選べるという意味では、ユーザー側にもメリットがあるのかもしれませんね。

なお、初代誕生から数年間は無双状態だった“品格シリーズ”のブランド価値を考えれば、この金額にも納得はできるものの、それにしたって今の相場からするとバカ高く、価格設定だけ妙に強気なのが不思議…。

誰にでもマッチするようなオナホじゃありませんが、「艶めき生腰」のようなリアル据え置き型に似た快感を、このサイズでやってのけている点は本当にスゴいことだと思うので、興味がある方はコスパ度外視でどうぞ。


販売店はこちら

平均価格:8200円前後





onahodougaのレビュー

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

今回はNPGの
「名器の品格 BLACK LABEL」
試してみました。

初代「名器の品格」の最終進化バージョンですね。

『名器の品格』

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ
【名器の品格】挿入した瞬間に探していたサムシングが見つかったような気分になる神ホール

現代人にとっての時代を象徴するオナホールと言えば「ヴァージンループ」が思い当たるかもしれませんが、それよりもう一世代前のオナホーラーにとっての時代を象徴するオナホールと言えば大多数の方がおそらく『名器の品格』と答えるはずで、「無次元構造」という当時としては斬新かつキャッチーすぎた内部構造。高級感のある木箱に入った目を惹くパッケージと、ハンドホールとしては強気すぎる1万円近くする販売価格で、当時のオナホーラーは楽器店の前でトランペットを見つめる少年よろしく「いつかはこのオナホに挿入してみたいものだな???」と思いを馳せていたことだと思います。

名器シリーズ」という大きな括りの中では数え切れない程にたくさん発売してきたNPGですが、『名器の品格』と名付けられている正式な続編ものは、上記の2つしかなく。そのどちらもが「名器の品格の続編」と謳うには力不足感の否めない仕上がりでいまいち話題にもならずに忘れ去られてしまいましたね。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

そんな『名器の品格』の歴史があった上で、今回は正真正銘の正当進化版となるような、桐箱パッケージとなる『名器の品格』の続編となっており、発売からすぐに売り切れが続出していて、うっかり買い逃してしまいレビューが遅れてしまったことからも、オナホーラーの注目度が高い商品となっていますね。

4年程前の『名器の品格 彩乃なな』のレビュー内では、

あまり反応の良くないAV女優系のパッケージを採用するよりも、黒い桐箱なんかを使って「名器の品格2」みたいな名前で売っていた方が注目度も期待値も高かったんじゃないかと思ってしまいますね。

なんてことを書いていたので、ようやくそれを実現してくれたのが今回のオナホールということになりますね。

開封してみよう

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

重量は約815g、全長は約19.5cm。
造形は初代の『名器の品格』と似たような蛇腹系のデコボコとさせたもので、200g程サイズがアップしているみたいですね。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

ふわとろ系とまではいかないまでも、素材は柔らかいものが使われていますね。

オナ郎の記憶では初代の『名器の品格』や昔の名器シリーズで使われていた素材よりも、少しハリが硬さみたいなものが感じられるようなしっかりとした素材が使われていて、油っぽさなんかは昔の素材と同じくらいですが、臭いの方はほどほどくらいには収まっている現代版のNPGの素材ですね。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

入り口はリアル系の造形になっており、微妙な膨らみが感じられる入り口となっていますね。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

内部が二層構造になっているというのも、今回のブラックラベル版での新しい変更点ですね。指を挿れた感じだけだと、内部素材は外部素材とそこまで柔らかさの変わらない素材か、もう少しだけ柔らかい素材が使われているようでした。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

ベースの壁には小さいツブ状のイボがぎっしりとつけられており、少し分かり辛いですが、真ん中らへんには「Gスポットポルチオ」的なイボが上部から圧迫してくるようなカーブを描いた構造のようにも見えますね。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

昔のような『無次元構造』を全面に押し出したような構造ではなく、パッケージや外装を初代の名器の品格に寄せた感じの、全く新しいオナホールと思っても良さそうなコンセプトだと思います。

挿入してみよう

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

言っても初代の『名器の品格』が発売されたのは今から15年程前の話ではあり、一つの時代を築き上た名作ホールの続編だからといって現代の戦国時代を生きる素敵なオナホ達と比べると見劣りしてしまうのは仕方ない???、なんて少し舐めたくらいの気持ちで挿入してみたんですが、結果的に言うとかなり満足のいく挿入感や射精を迎えることが出来てしまい、★5くらいは余裕でつけておいても良さそうな素晴らしいオナホールに仕上がっていますね。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

現代の戦国時代を生きるオナホールと単純に比較出来ない『名器の品格 BLACK LABEL』ならではの良さとしては、その挿入感がかなりリアル志向なものになっており、なおかつその「リアル系」の挿入感や気持ち良さが高い水準で仕上がっているために、単純に比較出来るオナホールがぱっと思いつかないような独特な個性を感じさせてくれている感じですね。

挿入からしばらくは気持ち良さが感じられないくらいにまったり系に寄った刺激の弱さになっていて、大きなアクセントとしては中央付近のカーブによるニュルンとした肉を掻き分けるような挿入感があり、基本的にはそのカーブのアクセントをメインディッシュに添えて肉厚と内部のまったり感をゆっくりと楽しむようなバランスになっていますね。

オナホ的に言えばその低刺激でイボヒダの情報量が少ない挿入感は、通常であれば「物足りなさすぎる」という言葉で一蹴してしまいそうになるオナホールなんですが、その柔らかさ加減であったり十分すぎる肉厚感やナチュラルな締めつけ感。そして少しリアルさを誇張している感じもあるほんの少しだけオナホらしいカーブのアクセントのバランスだったりの、すべてのバランスがちょうど良く感じられ、

「リアルっぽいってこういうことだよね」

と、妙に納得してしまえるような、リアルっぽい挿入感に近づけながらも気持ちの良いオナホールを作ろうとしているメーカーの努力を大いに感じられるようなオナホールだと思います。

残念ながら内部についている小さいイボは、ほぼペニスでは知覚出来ないくらいに繊細なものになってしまっていますが、「のっぺりと言うほどツルツルとはしていない」くらいには、なんらかの刺激がペニスに加わってくれているのは伝わってくるので、知覚出来ないとは言っても気持ち良さのブーストとしての役割は果たしているんでしょうね。

イボヒダのついた分かりやすい刺激のオナホールではなく、「肉厚まったりリアル系」という王道の路線を肩で風を切って歩いているような堂々とした完成度の高いオナホールといった感じで、見事に『名器の品格』の続編の期待に応えてくれた素晴らしい出来だと思います。

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ

断面図で見ると「えぇ~!これが★5なのかい!?」とマスオさんにびっくりされそうな構造ですね???。底が分厚すぎる作りになっていて、この辺はちょっと詰めの甘さを感じてしまい、もうちょっと最適な造形があったように思いますね。

オナホデータ

名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ名器の品格 BLACK LABEL
平均価格:8,200円前後
1gの値段(nkp):約10円
刺激レベル:■□□□□(5段階:1)
名器の品格 BLACK LABEL (N.P.G.) レビューまとめ


販売店はこちら

平均価格:8200円前後





荷物の中身が他人にバレませんか?

これは、初めてオナホールを注文する人はとても気になりますよね。私も初めはもしバレたら怖いから注文することに抵抗がありました。しかし、よく調べていくと絶対に中身がバレない梱包で送られてくるということが分かったのです。下は私が良く利用しているアダルトグッズショップから、実際に注文した商品が送られてきたときの詳細です。

>>オナホール通販ショップの梱包方法

初心者におすすめ、オナホに関する基本知識

>>オナホールの主な種類と特徴とは!?全種類まとめ完全制覇【保存版】
>>自分に合った気持ちいいオナホの選び方
>>目的別!オナホール ローションの選び方&おすすめ14選!気持ちよさの変化を楽しむ!
>>オナホール初心者はこの流れでヨガれ!オナニーの準備〜射精、後片付けまで完全網羅!
>>オナホールの空気抜きの方法!簡単に無料でオナホオナニーを気持よくするコツ!

各種類オナホールのススメ

>>即イキ!高刺激オナニー派必見!”キツキツ系”のオナホール8選!
>>まったりスローオナニー派必見!オススメの”ゆる系 ガバ系”オナホール8選!
>>マジでフェラチオ!女の口を味わえるオススメのオナホール!19連発!【随時更新中】
>>クリア系オナホールのすすめ!透明スケルトンのエロスがヤバい!オススメも紹介!
>>アナル好き必見!アナル特化型のおすすめオナホール11選!
>>イクんじゃない!イカされる!おすすめ電動オナホール完全まとめ!種類別に紹介!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。