オナホールの内部加工

オナホールの内部加工

 

オナホールの内部加工
ヒダ加工

内部に蛇腹状のヒダを施したもので、刺激アップに効果的な点から、多くのオナホールに採用されています。

人工的な刺激ですが、ヒダの間隔や高さ、柔らかさなどで刺激の幅も変化に富んでいて、オナホールが本物より気持ちいいなどと言われる要因は、この加工があるからのようにも思えます。

オナホールの内部加工
イボ加工

内部にイボ状の突起を散りばめた加工でヒダ加工と並び、よく用いられる加工です。

イボの大きさ固さなどによって刺激の変化がつけられますが、あまりゴツゴツとしたイボが主張しすぎるタイプは人気がありません。ヒダ加工よりは好みの分かれる加工だと思います。

オナホールの内部加工
無加工

内部の加工をまったく施さないタイプでリアル加工と呼ばれたりもします。

リアルな反面、ヒダやイボに比べて刺激面は及びませんし、ローションが乾きやすく、垂れやすいなどの欠点があるように思います。

内部形状や素材によって、本物に近い挿入感を持たせたものが人気です。

オナホールの内部加工
無次元加工

名器の品格によって登場した「穴のない穴」。従来とは違った工法によって生み出される内部は、うねりやひねりなどが加えられ、2次元から3次元へと進化しました。道なき道を押し進めて、隙間を挿入していく感触が味わえます。

度肝を抜く、内部形状は究極のリアル系とも言えますし、今後新たな系統として増えていくであろう新構造です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。